ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Alice Munro の “Lives of Girls and Women” (1)

 Alice Munro の初期作品で唯一の長編小説、"Lives of Girls and Women" (1971) を読了。さっそくレビューを書いておこう。

Lives of Girls and Women: A Novel (Vintage International)

Lives of Girls and Women: A Novel (Vintage International)

[☆☆☆☆] 1940年代、オンタリオ州の田舎町を舞台に、ある少女の小学校から高校時代までのエピソードが年代記風に綴られたもので、実質的には連作短編集に近い。何より驚くのは冷徹で繊細な観察眼だ。その目はあらゆるものを観察してやまない。室内外の光と影、人物のちょっとした表情、言葉の響き、心の変化。物心両面にわたって鋭敏な感覚がとことん細部にこだわり、対象を冷静に分析、客観的に位置づけていく。それゆえ、ハートウォーミングな、あるいは悲痛な場面でも適度に感情が抑制され、子供らしいドタバタ喜劇にしても、ローカル・ピースならではの素朴なユーモアにしても品がいい。頑固な母親との軋轢、親しい友人とのふれあいと別れ、性の目ざめ、初体験。核心にあるのは、幼い娘から大人の女性へと成長していく少女の通過儀礼だが、それぞれの局面における現実、それも社会的な現実だけでなく、人間の内面的な現実が容赦なくあばきだされるのが特色だ。その現実をしかと見すえ、強く生き抜こうとする不屈の意志が成長の鍵となっている。自己観察により、矛盾した感情が同時にえがかれる 'Baptizing' が全編の白眉。感情の凝縮されたすこぶる濃密な文体で集中力を要するが、方言まじりの会話を除けば標準的な英語である。