ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

A. M. Homes の “May We Be Forgiven” (1)

 諸般の事情で大幅に遅れてしまったが、オレンジ賞改め、Women's Prize for Fiction の受賞作、A. M. Homes の "May We Be Forgiven" を昨日、ようやく読了した。さっそくレビューを書いておこう。

May We be Forgiven

May We be Forgiven

[☆☆☆★★★] 主人公は政治史の学者ハリー。その弟の妻が突然、熱いキスを! やがて2人は道を踏みはずし……というセンセーショナルな書き出しだが、昼メロ調はここまで。以後、まことに奇妙な人間関係からなる珍無類の悲喜劇がはじまる。ハリーは弟の子供たちの親代わり、ペットの世話係となり、はたまた、弟が交通事故を起こして死なせた相手の子供まで面倒を見る。一方、出会い系サイトで知りあった女と関係するや、その夫もまじえてバーベキュー・パーティー。買い物先の店で出会った女とも関係、なんと女の痴呆症気味の両親が家に転がりこんでくる。ほかにもオフビート、破天荒なエピソードの連続で、あわてふためくハリーの姿がなんともおかしい。が、彼はまた、離婚と失職を余儀なくされ、絶望の淵に沈む人間でもあり、その実存の叫びは痛切この上ない。やがてハリーは自分を取り戻そうとする努力の一環として、ニクソン元大統領の研究に情熱をそそぐ。それがケネディー暗殺の謎へとつながるあたり、自己喪失とその超克という定番の流れを突きぬけている点がみごとである。とはいえ、ハリーが曲がりなりにも生きがいを見いだすきっかけは、自己実現の努力ではなく、むしろ、偶然の出来事に翻弄されるうちに他人と結びつき、上のように珍妙ではあるが一種の家族を形成するところにある。家族の絆が救いというのは定石どおりだが、なにしろヘンテコな人物関係だけに気にならない。英語は難語も散見されるものの標準的で読みやすい。