ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Colum McCann の “TransAtlantic” (1)

 今年のブッカー賞候補作、Colum McCann の "TransAtlantic" をやっと読了。さっそくレビューを書いておこう。

TransAtlantic

TransAtlantic

[☆☆☆★] アメリカの奴隷制時代から21世紀の現代にいたるまで、大西洋をわたった人びとの運命的な絆と、それぞれの悲哀と苦悩、喪失の歴史を断片的に綴った〈私的歴史小説〉。前半は完全に独立した短編からなり、統一したテーマは見えない。結果的に番外編ながら、北アイルランド紛争の和平交渉に尽力した米上院議員の登場する第3話が秀逸だ。家族を思いやる議員の心情がストレートに伝わってきて胸を打つ。後半、次第に運命の糸が結びつき、おわってみれば、たしかにこれは長編小説である。とりわけ、ほぼ百年前に書かれたまま未開封だった曾祖母の手紙の内容を、アイルランドの湖畔の家で孫娘が知ったとき、それまで断片にすぎなかった個々の「悲哀と苦悩、喪失」がひとつにまとまり、彼女だけでなく読者も茫然となる。その場面をはじめ、簡潔な描写によって感情が凝縮された静かな心象風景がたとえようもなく美しい。そこに家族の絆や、他人との結びつき、運命の糸が端的に象徴されているところもいい。が一方、これは要するに、それだけの作品とも言える。常識的な内容に終始している点がもの足りない。英語は難語も散見されるが、総じて標準的で読みやすい。