ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Elizabth Strout の "My Name Is Lucy Barton" (1)

 北海道旅行3日目。網走のホテルでこれを書いている。
 バスの中で Elizabeth Strout の最新作、 "My Name Is Lucy Barton" を読了。あちらのファンのあいだでは、今年のブッカー賞の有資格候補作に擬せられている。さっそくレビューを書いておこう。

My Name Is Lucy Barton

My Name Is Lucy Barton

[☆☆☆★★★] 来し方をふりかえれば、忘れえぬ人びと。忘れえぬことども。そんな人生の断片をある女流作家が静かなタッチで綴った自伝風のスケッチ集だ。物語的な意味での筋書きはほとんどない。が、一貫して流れるテーマがある。愛情、それも家族の愛、隣人愛である。人と接するとき、人を愛するとき、神ならぬ人間は不完全な接し方、愛し方しかできない。そこから不和や断絶、人生の危機が始まる。そして感受性豊かな人間ほど深く傷つき、傷つくことでさらに愛を求める。そんなとき、たまたま出会った他人のさりげない優しさが心にしみる。あるいは相手もまた傷つき、悲しんでいたことを知り、茫然となる。そういう忘れえぬ瞬間をいくつも経験しながら主人公は人間的に成長し、作家としての自分の顔を見いだす。本書のエピソードのすべてが感動的なわけではないが、これを読めば、読者もまた主人公と同様、美しい残照のなか、わが人生をふりかえり、自分にも永遠の一瞬があったことを思い出すのではないだろうか。