ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Anita Brookner の “Look at Me”(1)

 Anita Brookner の "Look at Me"(1983)をようやく読了。途中しばらくサボっていたので、新鮮な読後感というわけには行かないが、なんとかレビューらしきものを書いてみよう。

Look at Me (Panther Books)

Look at Me (Panther Books)

[☆☆☆★★] 小さな説と書いて小説という。その意味で本書はいかにも小説らしい小説だ。過去に苦い恋愛経験のある孤独な女が男と出会い、今度こそと決心。「わたしを見て」と迫るものの、やがて男の心は離れてしまう。平凡な展開である。が、分刻みと言ってよいほど微妙に揺れ動く女心の描写がただごとはない。精密、的確、克明。そんな通り一遍の形容ではとても言い表せない。物語は二の次三の次。まるでヒロインの心理そのものが複雑なストーリーであるかのようだ。無垢と経験、失意と希望。しきりに愛を求める凡庸な自分と、愛を当然のごとく手に入れる美男美女たちとの落差。そうした対比が、自己分析や周囲の状況分析を通じて次第に明らかになる。深いテーマではない。が、各人物をしっかり造形、その自然な会話と関係の中で少しずつ物語を進めながら、主役の心の葛藤をクローズアップさせる手法はまさしく小説そのもの。小さな説の神髄を見る思いがする。