ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Anita Brookner の “A Start in Life”(1)

 ブッカー賞作家 Anita Brookner のデビュー作 "A Start in Life"(1981)を読了。さっそくレビューを書いておこう。

A Start in Life

A Start in Life

[☆☆☆★★] 「文学のせいで人生が破滅した」と嘆く中年の文学博士ルース・ワイス。一体どこでつまづいたのだろうと、本好きの少女時代からバルザックの研究に取りかかった学生時代までを回想する。おもな事件は失恋や不倫、両親の痴話喧嘩、祖母と母親の死などごく日常的な悲劇だが、いずれもドタバタ気味の喜劇でもあり、若きルースは終始その悲喜劇に巻き込まれる。元女優でプライドの高い母、その身の回りの世話を引き受ける面従腹背の父をはじめ、平凡ながら一癖ある人物が勢ぞろい。いくぶんデフォルメした存在感たっぷりの面々で、その過不足ない描写は新人作家のものとはとても思えない。場面転換も鮮やかで、事態が急変するタイミングも絶妙。事件はどれも各人物のキャラクターがもたらす当然の帰結であり、それゆえ、ルースが専門とするバルザックのイギリス版人間悲喜劇と言えよう。彼女は何も述懐どおり文学ゆえに破滅しているわけではない。人間が人間であるがゆえの事件に巻き込まれ、かくして人生が、文学が始まったのである。