ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Patrick Modiano の “Suspended Sentences”(1)

 ゆうべ、Patrick Modiano の "Suspended Sentences"(1993)を読了。仏語の原題は "Chien de printemps"。3作の中編 "Afterimage" "Suspended Sentences" "Flowers of Ruin" を一冊にまとめたもので、表題作以外の原題は "Remise de peine"(1988)、"Fleurs de ruine"(1991)である。さっそくレビューを書いておこう。

Suspended Sentences: Three Novellas (The Margellos World Republic of Letters)

Suspended Sentences: Three Novellas (The Margellos World Republic of Letters)

[☆☆☆★★★] 収録された中編の共通テーマは「失われた時を求めて」。モディアノがもっぱら20世紀なかば、自身の青少年時代、およびそれと重なる作家としての雌伏時代をふりかえった自伝小説と思われるが、事実とフィクションの区別はつかないし、つける必要もない。パリの街角風景など、ふとしたきっかけで過去の断片がよみがえり、断片がまた断片を呼び、時には過去の夢が現実に加わり、自分および家族をはじめ、自分と関わりのあった人々の過去が、時の流れの中でたゆたいながら、次第に回想の起点たる現在へと融け込んでいく。しかし断片は断片のまま、謎は謎のまま、「時間の霧」に包まれていることが多い。彼はなぜ姿を消したのか。彼女はなぜ旅に同行しなかったのか。彼らが立ち去ったあとの部屋はまさに空虚そのもの。それはふだん接している人々が、ある日を境に突然姿を見せなくなった不条理を端的に物語っている。この不条理な空虚感と重なるのが、記憶の引き金によってかき立てられたノスタルジー。昔から変わらぬものも、変わったものも、抑制の効いた筆致で淡々と描かれるだけに、すべてが懐かしい。それはまた、雌伏時代の作家の悪戦苦闘を想起させるだけに、切ない。これほど過去にこだわる背景には、人生とは苦渋に満ちた不条理で空虚なものという思いがあるのかもしれない。