ビンゴー・キッドの日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Jeffrey Eugenides の “Middlesex”(1)

 2003年のピューリツァー賞受賞作、Jeffrey Eugenides の "Middlesex"(2002)を読了。さっそくレビューを書いておこう。 

Middlesex: A Novel (English Edition)

Middlesex: A Novel (English Edition)

 

 [☆☆☆★★]「私は二度生まれた。最初は女の子として。それから十代の少年として」という書き出しはかなり魅力的。そこから当然、ふたつの興味が生まれる。まず、どうしてそんな奇跡が起きたのか。つぎに、その奇跡にはどんな意味があるのか。主人公カリオペの祖父母のなれそめから始まり、父母、そしてカリオペ自身の誕生にいたる前半は歴史小説。1922年、大火の発生したエーゲ海港湾都市スミルナから脱出して渡米、禁酒法大恐慌、第二次大戦と朝鮮戦争の時代を生きぬいたギリシア系移民の苦難の物語が、2001年の現代に生きるカリオペの視点から描かれる。この工夫がうまい。上の奇跡にまつわる情報を小出しにすることで興味をつなぎ、恋愛とメロドラマを基調にした山あり谷ありの移民物語が通俗に堕するのを防いでいる。通俗といえば、女児から少年への変身劇がなければ後半は、どこかで読んだことのあるような青春恋愛小説、そして家庭小説。1967年のデトロイト暴動を通じて人種差別の問題を採りあげるなど米現代史とのリンクを心がけてはいるものの、大きな歴史の流れに巻き込まれる移民の姿は影をひそめ、スキャンダラスで奇想天外な事件こそ起きるものの、それも本質的には書中の言葉を借りれば「アメリカ人の生活でよくある悲劇」にすぎない。それゆえ本書の非凡たるゆえんは、上の奇跡の問題をいかに処理するかにかかっている。このとき奇跡の起きたプロセスについてはよく書けているが、それを知ったからといって読者の人生が豊かになるわけではないのは致命的な欠陥。タイトルからジェンダーの問題を深く掘り下げた作品を期待したが、カリオペの家族にとって「ジェンダーはそれほど重要なものではない」。実際、ジェンダーの確認がアイデンティティの確認にとどまり、伝統や文化の問題にまで発展しないところに本書の突っ込みの甘さがある。が、物語性は抜群なので★をひとつオマケしておこう。