ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Penelope Lively の "According to Mark"

 本来ならこの時期、年度末ということで少しはのんびりできるはずなのだが、公私ともどもにわかに多忙を極め、読書やブログどころではなくなった。よってしばらく昔のレビューでお茶を濁すしかない。

According to Mark

According to Mark

[☆☆☆★★★] 日本におけるペネロピ・ライヴリーの評価は不当に低すぎる。新刊で入手可能な訳書は少ないし、某社版『現代英語作家ガイド』でも採り上げられていない。しかし実は、彼女の小説はどれを読んでも面白い。本書も名作『ムーンタイガー』には一歩譲るものの、英国小説のファンなら至福の一日を過ごせること間違いなし。主人公は中年の伝記作家で、ある有名作家について調査を進めるうち、その孫娘と妻帯者の身ながら関係し…なんだ、月並みな話ではないかと侮ってはいけない。この一見凡庸とも言える設定から、ライヴリーは通俗的な展開を排し、大方の読者の予想を超える意外な物語をつむぎ出して見せる。その豊かなストーリー性に加え、正確な人物造形、精緻を極めた心理描写、緊張感のある会話、どれをとっても文句のつけようがない。物語の進行とともに主な登場人物が「自分の顔」を発見、あるいは暴露するという流れも定番ながら秀逸。書中、オースティンやハーディの話が出てくるから言うわけではないが、英国文学の伝統の重みを感じさせる作品でもある。それでも本書は84年度のブッカー賞を逃したのだから、相手が悪かったとしか言いようがない。難易度の高い単語が頻出するものの、英国の小説を楽しむには必須のものがほとんどだし、構文的には簡単。従って、ボキャブラリーを増やすのに恰好のテキストだろう。

 …84年にブッカー賞を取ったのは、アニタブルックナーの『秋のホテル』。僅差でブルックナーのほうが上回っているが、本書もなかなか捨てがたい。時間があれば、ペネロピ・ライヴリーのことは、もっともっと書きたい…