ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Carlos Fuentes の “A Change of Skin”(1)

 Carlos Fuentes の "A Change of Skin" を読了。いやはや、フォークナーに劣らぬ難物だった。

A Change of Skin

A Change of Skin

[☆☆☆☆★] 春の日曜日、ワーゲンに乗ってメキシコシティーから海辺のリゾート地に向かう4人の男女。男の一人は作家で、女は情熱的な妻と作家の若い愛人。それに、二人の女と関係する元ナチス協力者。一見、魅力的な設定だが、甘いメロドラマを期待するとひどい目にあう。まず、粗筋と人物関係が明らかになるまでとにかく長い。現在の事件進行に回想が混じるなか、車に同乗していないナレーターが登場、女たちを you と呼ぶ。それゆえ地の文なのに直接話法のような効果が生まれ、そこに実際の会話が交錯する。その結果、展開も話法も複雑なポリフォニーから成るフーガのような感じで、話がなかなか先に進まない。そこを我慢して読んでいると、やがて上述の「魅力的な設定」が見えてくるという次第。少年時代から才能を発揮していた作家は、今や創作力が衰え鬱屈している。妻は夫と出会い、ギリシャへ二人で旅したころの激しい愛の思い出が忘れられない。メキシコの歴史や現代生活などへの言及も多々見られるが、愛の断絶がテーマの一つであることは間違いないだろう。一方、元ナチスの協力者に関して言えば、プラハ時代の甘美な恋物語強制収容所と戦争中の胸をえぐられるような体験が綴られ、贖罪のテーマを読みとることができる。いずれにしろ話法も複雑なら、事件も時系列を無視して語られるという重層的な構造だ。しかし圧巻は、ナレーターが実際の人物として本格的に登場し、以上のエピソードを再構成してみせる終幕。各人物の心の再検証をテーマに、現実と虚構が入り乱れた猥雑な狂騒劇が繰りひろげられる。まさにマジック・リアリズムの真骨頂である。英語は語彙的には少し難しい程度だが、何しろ話法が複雑で、かつセンテンスが非常に長いので骨が折れる。

 …今回も長いレビューになってしまった。これを書くだけでかなり疲れたので、おしゃべり編はまた後日にしよう。