ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Beryl Bainbridge の “The Bottle Factory Outing”(1)

 Beryl Bainbridge の "The Bottle Factory Outing" を読みおえた。Bainbridge は、生涯で5回もブッカー賞のショートリストにノミネートされながら、ついに栄冠に輝くことなく昨年7月に他界してしまった「悲運の女王」で、これは1974年の作品。彼女としては2冊目の最終候補作である。さっそくいつものようにレビューを書いておこう。

The Bottle Factory Outing: Shortlisted for the Booker Prize, 1974

The Bottle Factory Outing: Shortlisted for the Booker Prize, 1974

[☆☆☆★★★] ああ面白かった! こんなにケッサクな喜劇小説に出会ったのは久しぶりだ。まっ先に連想したのはヒッチコックの「ハリーの災難」。ここにはあの名画と同じ味わいのユーモア感覚が認められる。ずばり明言すればブラック・ユーモアで、終盤のオフビートな展開には、「なんじゃ、これは!」と叫びながら一人で盛り上がってしまった。当初からヘンテコなシチュエーション・コメディーの要素が多々あり、ロンドンのワイン工場で働く若い女が作業主任からセクハラを受けたとき、防寒のため衣服の内側に詰めこんでいた新聞紙が、主任のおさわりでガサガサ音を立てる。主人公はあと一人、この女と同居している女工員で、彼女たちの境遇や性格、内面がじっくり描かれるうちに物語が進行するという、いかにも英国小説らしい展開だ。そこに上述のユーモア感覚がにじみ出ている。やがてタイトルどおり、工員たちが日帰り旅行に出かけたところ、とんでもない珍事件が発生。それから先はもう、ただただ奇想天外な話としか言いようがない。こういうブラック・ユーモア感覚で処理したシチュエーション・コメディーこそ、ベインブリッジの十八番だったのかもしれない。英語は小気味よいテンポの文体で読みやすい。