ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Andrew Miller の “Pure” (1)

 今年のコスタ賞最優秀作品賞に輝いた Andrew Miller の "Pure" を読了。例によってまずレビューを書いておこう。

Pure

Pure

[☆☆☆★] 1785年パリ。田舎の青年技師がヴェルサイユ宮殿に呼ばれ、ペストの大流行による死者が多数埋葬された古い墓地と教会の取り壊しを命じられる。その作業の悪戦苦闘ぶりを描いた歴史小説だが、主筋どおり、せいぜいフランス革命前夜の裏話といったところ。革命の勃発を予感させる記述も見受けられるが、常識的な歴史観にもとづくもので、この裏話を読んで目からウロコが落ちるような思いをすることはまずない。革命を象徴する寓話と考えても、今さら何の意味があるのか不明。個々のエピソードはコミカルであったり、サスペンスに満ちていたり、わりあい楽しめる。「レイプ、自殺、急死、友情、欲望、恋の一年」というわけだが、タイトルどおり純真な青年の「恋の一年」を除けば、突発的で尻切れトンボの事件が多く、つい読み流してしまう。英語は擬古典的な文体で、語彙も古風。描出話法の多用が特色だ。