ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Andrew Michael Hurley の “The Loney” (1)

 きょうはまず全米図書賞の話題から。受賞作の "The Underground Railroad" はガーディアン紙で本命扱いされていたし、The Mookse and the Gripes のディスカッションでも一番人気。というわけで実際、フタをあけると大方の予想どおりだった。
 が、ぼくはレビューや一連の駄文で述べたように、あまり高く評価していない。その理由はここでは省こう。それより、受賞結果を知って思ったことがある。
 National Book Award というのは、日本では「全米図書賞」と紹介されるものの、アメリカの立場に即すと、national にポイントがあるのではないか。単に作品の出来ばえだけでなく、nationality にかかわる問題をテーマにしている点も選考基準なのではあるまいか。
 もしかしたら、そのように明文化されているのかもしれないが、ぼくはこの賞にそれほど興味がないので不勉強。とにかく、作品の良し悪しだけなら、ほかにもたくさん秀作がありそうなものなのに、どうしてこんな本を受賞作、あるいは候補作に選ぶのだろうと、前から疑問に思うことが多かった。
 今回もそんな疑念に駆られたが、nationality も基準のひとつ、と考えれば納得。この点では、おそらく文句なしの選定ではなかったかと推察する。ただ、正直言って、出来そのものは「いちおう合格ラインをクリア」といったところ。邦訳はまず出ないでしょう。日本では売れそうにないからだ。
 前置きがずいぶん長くなった。ここからが本題。2015年のコスタ賞処女小説賞受賞作、Andrew Michael Hurley の "The Loney" を読了。さっそくレビューを書いておこう。

The Loney: 'The Book of the Year 2016'

The Loney: 'The Book of the Year 2016'

[☆☆☆] 「ゴシックの傑作」というふれこみだが、実際はまずまずの水準作。ある中年男が最近のマスコミ報道をきっかけに、少年時代、スコットランドの村で体験した奇怪な事件を回想する。イースターの巡礼で訪れた海辺の古い館、深夜の奇妙な物音、隠し部屋。べつの古屋敷で目にした美女。不可解な死を遂げた前任の神父。ゴシック・ロマンス定番の舞台と人物設定だが、そこで示された謎はいずれも人間関係に由来するもので、およそ蠱惑的とは言いがたい。地方色豊かな美しい自然や、怪しげな雰囲気の描写には見るべきものがあるが、事件の展開にサスペンス味が薄く、盛り上がりに欠ける。主人公をはじめ、恐怖におののく瞬間も少ない。これは結局、各人物が巡礼者もふくめ、人知を超えた幻想や超自然の世界とは無縁のまま、実証的な経験と事実の支配する日常世界にとどまっているからである。信仰を忘れた神なき現代では、もはやゴシック・ロマンスの傑作は生まれない、ということかもしれない。