ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Sara Baume の “Spill Simmer Falter Wither” (1)

 あと1回だけ Han Kang の "The Vegetarian" について補足しようと思っていたのだが、この週末に Sara Baume の "Spill Simmer Falter Wither" を読了。2015年のコスタ賞新人賞候補作である。こちらのレビューを先に書いておこう。

Spill Simmer Falter Wither

Spill Simmer Falter Wither

[☆☆☆★★] 途中で気がついたのだが、タイトルは四季のもじり。初老の男と犬の出会いから別れまでの一年間を記録したものだ。人間とペットの交流物語というと一定の図式を連想するが、本書は感傷を適度に抑制。テンポのいい実況中継風の文体で男の目から日常の出来事や風景を描き、そこにさりげなく犬を登場させる。身体の不自由な独身男は変人扱いされ、他人との接触を極力避けている。犬も片目で醜い顔。似たもの同士の飼い主と犬で、男は次第に犬に愛着を覚える。この流れと交差するのが男の少年時代からの回想で、母親の記憶はなく、父親から愛情をそそがれた憶えもないという孤独な人生が浮かび上がる。そこにも犬とのふれあいが重なり、時間と場面の転換が鮮やかだ。男が犬ともども車上生活を始める夏以降はロードノヴェルで、心の彷徨の旅でもある。人目を避け、社会から逃れつづける男の過去と現在の中で、活発に動きまわる犬。対照的に行間から伝わってくる静かな深い悲しみ。ペットとの交流の定型を破った佳作である。
(写真は、宇和島市勧進橋から眺めた神田(じんでん)川)