ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

David Bezmozgis の “The Free World” (1)

 今日は話題の映画、『ドラゴン・タトゥーの女』をかみさんと一緒に観に行ったあと、帰りの電車の中で、昨年のギラー賞最終候補作、David Bezmozgis の "The Free World" を読みおえた。一杯やりながらではあるが、さっそくレビューを書いておこう。

The Free World

The Free World

The Free World

The Free World

[☆☆☆☆] 日本人にとって自由とは、今さら言うまでもなく空気のようなものだが、本書を読むと、自由の意味を改めて思い知らされて興味ぶかい。ブレジネフ時代の旧ソ連、ラトヴィアからユダヤ人の一家がイタリアへ。といっても、政治的自由を求めたり、迫害から逃れようとしたりしたわけではなく、移住の動機は不純かつ理不尽。金儲けや気ままな暮らしを望む息子たちが決心したものだから、共産党幹部の老父も恥をしのんで亡命せざるをえなくなる。が、当初の目的地アメリカ行きは頓挫し、ローマで足止めを食ってしまう。この宙ぶらりんで中途半端な自由、先行きの不安定な仮住まい生活こそ、じつは自由世界の実態なのではないかと思えるところがおもしろい。まず老父は過去から自由になることができない。将来の希望はなく、その胸には第二次大戦で戦死した弟の思い出など、過去の悲痛な体験がよみがえるだけで、とても切ない。プレイボーイの次男の物語には、自由と責任という定番のテーマが読みとれる。美女さえいれば能事足れり、という軽佻浮薄な次男が女とからむ場面は大いに楽しい。長男ともども不倫現場を押さえられるくだりなど抱腹絶倒ものだ。が、人生を甘く見た結果は当然厳しく、緊迫感だたようノワールな世界に突然放りこまれ、読んでいて息苦しくなる。その妻は再婚で、前夫との恋人時代に始まり、こちらも自由奔放な生き方と、その苦い代償の物語に思わず引きこまれる。良かれ悪しかれ悲喜こもごも、自由からはいろいろなドラマが生まれる。それが自由の危うさであり、おもしろさでもある。それゆえ自由には、「宙ぶらりんで中途半端…先行き不安定」という意味もある。本書は、自由に生きるむずかしさもふくめて、市民生活における自由の諸相を描いた点で特筆すべき作品である。英語は語彙的にはやや難易度が高めだが、総じて標準的なもので読みやすい。