ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Louise Erdrich の “The Round House” (1)

 今年の全米図書賞候補作、Louise Erdrich の "The Round House" を読了。さっそくレビューを書いておこう。

[☆☆☆★★★] コアにあるのは少年の通過儀礼だが、20世紀後半、ネイティヴ・アメリカンがまだ法律的に差別をしいられていた史実を踏まえたものだけに、通常の青春小説とは異なる重みがある。舞台はノースダコタ州の田舎町。居留地に住む少年ジョーの美しい母親が何者かにレイプされ、開巻からいきなり息づまるような緊張の連続だ。やがてジョーは友人たちと事件の解明に乗りだし、さながら少年探偵団のように活躍。傷ついた母親をめぐる重苦しさと少年たちのドタバタぶりや、ジョーの少年らしい正義感と、巨乳の叔母に示す性的関心といったコントラストがじつに絶妙で楽しい。祖父が眠りながら物語る部族の伝説や、先住民の伝統的な生活風景、マジックリアリズムふうの逸話もいり混じり、重層的な作品に仕上がっている。家族愛や少年たちの友情、人間同士の信頼などをモチーフにしたエピソードが複雑にからみあっていくうちに、やがて厳然たる差別の現実が示され、ジョーは驚くべき通過儀礼の行動へとひた走る。この最大の山以後、恋愛がからんで定番の青春小説らしくなり、いくぶんボルテージが下がったのが惜しまれるものの、全篇を通じて緊密な美文で綴られた秀作である。