ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Lauren Groff の “Arcadia” (1)

 Lauren Groff の "Arcadia" を読了。ニューヨーク・タイムズ紙の書評家、Janet Maslin が選んだ去年の 10 Favorite Books の一冊である。さっそくレビューを書いておこう。

Arcadia

Arcadia

[☆☆☆★★] アルカディア――牧歌的な理想郷。本書は、その理想郷を幼いころに体験した男の半生を散文詩的に綴った記録である。1970年代、ニューヨーク州の田舎で、「愛、平等、労働」を理想にかかげたヒッピーたちがコミューンを作って暮らしはじめる。繊細な少年の目を通してコミューンの日常生活や周囲の自然、彼自身の初恋などが描かれるうち、やがて事件が起きてコミューンは解散。それが少年の通過儀礼ともなっているところが前半のハイライト。後半は成人した主人公ビットを取り巻く家族の絆がテーマで、まず妻が失踪したあと、男手ひとつで娘を育てるようになった彼の孤独と悲哀が心にしみる。さらに年月が流れ、ビットはコミューンの跡地で死期の迫った母親を介護。その凄絶だが静かなやりとりはもちろん、生意気盛りの娘や、心優しい女医とのふれあいにも情感がこもり、それが『ウォールデン』を思わせる森の静けさとみごとにマッチしている。深い悲しみの人生のあと、ビットが最後に確認するのが家族の絆と心の平安である。アルカディアを失った人間が、心のアルカディアを発見する物語といえよう。内容をよく反映した繊細なタッチの詩的描写が随所にあり、英語はややむずかしめである。