ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Tupelo Hassman の “Girlchild” (1)

 今年のアレックス賞受賞作のひとつ、Tupelo Hassman の "Girlchild" を読了。さっそくレビューを書いておこう。

Girlchild

Girlchild

[☆☆☆★] 親子の絆、家族愛、そして通過儀礼をテーマにすえた文学的なコラージュ。ネヴァダ州の田舎町に住む母子家庭の少女が主人公。その幼いころからの家庭や学校での生活を中心に、母親の娘時代からの人生、祖母の人生などが少しずつ紹介される。日記風の記述はもちろん(中には黒塗りの箇所もある)、何かと問題を起こす母親と面接したソーシャル・ワーカーの報告書や、少女の身を案じる祖母の手紙、新聞記事など、断片的なスケッチの集成である。孤独な少女と数少ない友人とのふれあいや、母が娘を、娘が母を思うくだりに心を打たれる一方、ワサビのきいたユーモアに苦笑。傷ついた純真な少女が家族の愛を支えに大人へと成長する定番の物語だが、それをコラージュ化している点がミソで、点景を楽しむべき作品である。英語は口語表現が多く、ややむずかしい。