ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Tolstoy の “Childhood, Boyhood, Youth”

 正月休みからボチボチ読んでいた Tolstoy の "Childhood, Boyhood, Youth" を昨日、やっと読了。15年ぶりの再読である。さっそくレビューを書いておこう。なお、星数による評価はまったく意味がないと思いつつ、今回もお遊びで採点してしまった。が本来、「お遊び」などと無関係な作品であることは言うまでもない。

Childhood; Boyhood; Youth (Penguin Classics)

Childhood; Boyhood; Youth (Penguin Classics)

[☆☆☆☆] トルストイの自伝小説三部作。実際の生涯とつき合わせると明らかにフィクションだが、その意図もまた明白である。幼年期から青年時代にいたる自分の精神的発達を記録し、それによってみずからの内面を検証。とりわけ、心中にひそむエゴイズムをそれぞれの発達段階に応じて、ごく自然なかたちで描いたのが本書なのだ。それゆえ、事件そのものはフィクションであっても、それを通じて主人公が考え感じたことには非常な説得力がある。たとえば "Childhood" における母親の死に際し、主人公の少年は深い悲しみを覚えながら、同時に美しい娘の姿に目を奪われ、また自分の不幸を意識することで、そこにふと紛れ込む満足感、自己中心的な感情を鋭敏に察知し、正直に報告している。まことにリアルな話だが、トルストイが実際、母親を亡くしたのは2歳のときだという。まさに本書は、真実以上に真実味のある自伝小説と言っても過言ではない。一方、上のような自己中心的感情は必然的に、それを不純なものと感じる純粋な心との葛藤を意味している。つまりここには、生涯続いたトルストイの道徳的煩悶の萌芽が認められる。こうしたおのれのエゴイズムを誠実に見つめる姿勢は、絶対的な存在である神の前で人間が自己を省察するキリスト教文化のたまものであることは言うまでもない。ときに現在形のセンテンスをまじえ、実況中継風に過去の出来事を再現する技法など、とても青年作家の作品とは思えない完成度を誇っている。その思い出の世界にホメーロス的要素を読み取ったのがジョージ・スタイナーであることを最後に付言しておきたい。
(写真は、宇和島市穂積橋のたもとにある郷土料理店〈ほづみ亭〉)。