ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Barbara Kingsolver の “The Poisonwood Bible” (1)

 A. S. Byatt の "Possession" のあら探しをしているうちに、数多くの美点について書く時間がなくなってしまった。が、いちおうレビューで意は尽くしていると思う。あれ以上書いても、屋上屋を架すことになろう。
 話変わって、Barbara Kingsolver の "The Poisonwood Bible" (1998) を読了。さっそくレビューを書いておこう。

The Poisonwood Bible

The Poisonwood Bible

[☆☆☆☆] 西洋キリスト教社会における聖書は絶対善の根源だが、異文化に導入されたとき、はたしてそのまま絶対善たりうるのか。本書で描かれている、このいわば〈宗教的カルチャー・ショック〉の問題はそれ自体、決して目新しいものではない。が、そのショックを4人(途中から3人)姉妹と母親の視点でとらえ、長い年月にわたる大河小説に仕立て上げた技量に驚かされる。中盤過ぎまでは、コンゴ奥地の村に移住したアメリカ人宣教師一家の苦難の物語。視点の変化にともなう多彩な話術がすばらしく、白人と現地人、キリスト教と土着信仰の対立という定番のテーマをよく支えている。コメディー・タッチとシリアスな話題の組み合わせ、コンゴ動乱など大人の世界の政治情勢を子供の目で伝える工夫、のどかな風景や心温まるふれあいと、突然襲ってくる悲劇など緩急自在の展開。まさに至芸の連続である。姉妹がひとり減ってからは三者三様、それぞれの悪戦苦闘ぶりが鮮やかに対比され、その間隙を縫って「善の強制は悪」という上のショックの本質が示される。古典的なテーマだが、「加害者」側に起きた悲劇が中心である点と、善を強制されるのが自然豊かなアフリカの国とあって、エコロジーの観点が示されているのが新味と言えよう。一方、時間の流れが速まり、駆け足で大国アメリカのエゴも描かれるが、こちらはお定まりの話。緊張が次第に高まり、一気に沸点に達した中盤までとくらべ、終盤やや冗長でインパクトに欠けるのが惜しい。とはいえ、これほど重厚な作品は、そうめったにあるものではない。文学界の重鎮にふさわしい代表作である。
(写真は宇和島市堀部公園。小学校の遠足で定番の目的地)。