ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Paul Beatty の “The Sellout” (1)

 2015年の全米批評家協会賞 (National Book Critics Circle Award) 受賞作、Paul Beatty の "The Sellout" を読了。P Prize. Com の予想では、今年のピューリッツァー賞レースでも最有力候補だった。さっそくレビューを書いておこう。

The Sellout: WINNER OF THE MAN BOOKER PRIZE 2016

The Sellout: WINNER OF THE MAN BOOKER PRIZE 2016

  • 作者:Beatty, Paul
  • 発売日: 2016/03/24
  • メディア: ペーパーバック
[☆☆☆★★★] アメリカにおける人種差別の現実をコミカルに風刺した作品。おなじみのテーマだが、差別をサカナに笑いのめしてやろうというタフで自由な精神が随所に読み取れ、彼の国の実情に詳しい読者ほど楽しめるものと思う。主な舞台はロス。主人公の黒人男は自分の生まれ育った街が区画整理で消滅したことに憤慨。昔のような黒人街を復活させるべく、旧知の黒人男のたっての願いで彼を奴隷にする。ついで公立高校に働きかけ、黒人だけ受けいれるようにして白人の逆差別に成功。この奴隷制実施と人種差別で告発された男は最高裁まで争うことに。といった荒唐無稽な筋立てから次第に浮かびあがってくるのは、オバマ大統領誕生後も厳然と存在する差別の現実はもとより、その現実を知りながら建前では法の下の平等を唱えるアメリカ人全体の偽善的な態度である。そうした本音と建て前の矛盾が風刺の対象となっているのだ。しかも風刺を通じて、人間とは結局、不平等という欠陥をもった不完全な存在たらざるをえない、という苦い真実さえ見えてくる。この厳しい現実を直視し笑い飛ばすことは、同時に不平等な社会の中で自分のアイデンティティを確認ないし確立しようとする行為でもある。本書を読んでげらげら笑っているうちに、待てよ、と考えこんでしまったアメリカ人読者も多いのではないだろうか。
(写真は、宇和島港にそそぐ辰野川の河口付近にある宇和島橋)