ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Francesca Segal の “The Innocents” (1)

 あと1回、Laurent Binet の "HHhH" について補足しなければと思っていたが、2012年のコスタ賞最優秀新人賞受賞作、Francesca Segal の "The Innocents" を先ほど読みおえたので、きょうはそのレビューを書いておこう。

The Innocents

The Innocents

[☆☆☆★] 2人の女のあいだで男がゆれ動く恋物語。とくれば陳腐なメロドラマだが、恋愛以外の要素もたっぷり盛りこまれた文芸エンタテインメントに仕上がっている。舞台はロンドン北西部、ユダヤ人のコミュニティー。男と少年時代から恋仲だったのは、清純無垢、善良で誠実、ユダヤの伝統をよく受け継いだ理想の相手。そんな彼女と婚約した矢先、彼女の美人のいとこがアメリカで不祥事を起こして帰国する。自由奔放で年上の妻帯者とも関係、コミュニティーの異端的な存在だが、男は彼女の孤独で傷つきやすい心に気づき、次第にその純粋さに惹かれていく。ユダヤの宗教行事を中心に、家族の日常生活や友人知人との交流などがことこまかく描かれ、主筋の展開を忘れそうになるほど饒舌。強い絆で結ばれた独特の社会が浮き彫りにされる。そこから社会全体の保守的な価値観と、若者の自由な恋愛衝動との相克という副次的なテーマも生まれ、単純な恋愛ドラマに厚みがくわわっている。反面、主筋に戻るまで長すぎて、いささか退屈してしまうのが残念。難語も散見されるが英語は総じて標準的で読みやすい。