ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Sandor Marai の “Embers” (1)

 ハンガリーの作家 Sandor Marai(ハンガリー語の表記は Marai Sandor)の "Embers" を読了。初版は1942年刊。本書は2001年に出された英訳版である。さっそくレビューを書いておこう。

Embers (Vintage International)

Embers (Vintage International)

[☆☆☆★★★] 一見、メロドラマのようである。1940年、ハンガリー辺境の城館に住む老将軍が長らく音信不通だった旧友と再会。41年前に起きた事件をふりかえるうち、旧友と将軍、その亡き妻の微妙な三角関係が少しずつ明らかになる。たしかにメロドラマらしい設定だ。が、事件の顛末から浮かび上がるものは、はるかに大きい。壮大な現代史の流れと、そこに巻き込まれた人間の運命の縮図が明らかに読み取れるのである。古き佳きオーストリアハンガリー帝国の平和と繁栄。その虚妄と錯誤。第一次大戦後に起きた帝国の解体。やがてまた戦雲の垂れ込めるなか、帝国崩壊後も生き残った人々にとって生きる意味は何なのか。彼らはその悲惨な体験を通じて何を得たのか。えんえんと続く将軍の独白を通じて、作者は西欧文明を総括し、理想のために流血の惨をもたらした西洋人の心の奥に分け入りながら、そこに一筋の光を見いだそうとしている。それが「燠火」である。消えかかってはいるが、それでもしっかり残っている情熱。この情熱なくして人生の意味はない。本書は決してウェルメイドな小説ではない。まともに造形された人物は将軍だけと言っても過言ではあるまい。が、ここには鋭い知性が、人生の知恵が、深い絶望が、ほとばしる情熱が充ち満ちている。通常の小説技法をなかば度外視してまでも歴史を、人間の運命を、生の意味を語り尽くそうとする作者の筆力はただごとではない。