ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Melanie Dobson の “Chateau of Secrets”(1)

 きょうも昼過ぎまで〈自宅残業〉。しかし午後はがんばって、Melanie Dobson の "Chateau of Secrets"(2014)をようやく読了。さっそくレビューを書いておこう。

Chateau of Secrets

Chateau of Secrets

[☆☆☆★★★] ああ、おもしろかった! 決して深い内容ではないが、終始一貫、大いに楽しめる上質の文芸エンタテインメントに仕上がっている。まず第二次大戦中、ドイツ軍に占領されたノルマンディーの貴族の館をおもな舞台に、父の死後、館主となった若い娘ジゼルがドイツ兵相手に奮戦。レジスタンスの闘士を支援するなどスリルとサスペンスに満ちた展開だ。一方、これと平行して70年後の物語が進む。アメリカに移住したジゼルはいまや寝たきりの生活。孫娘クロウに戦争体験について尋ねられ、謎の言葉を発する。当時いったいどんな事件が起きたのか。折しも館をロケ地にドキュメンタリー映画製作の話が持ち上がり、クロウは調査を開始する。ふたつの物語とも短い章から成り、それぞれ山場に差しかかり、サスペンスが高まったところでカット、一気に時代が飛ぶ。また、現代篇は謎また謎の展開。その答えが過去篇で少しずつ明かされ、登場人物より読者のほうが先に真相を知る結果、いやおうなく物語の渦中に引き込まれてしまう。ふたつの流れがひとつに合流するのは定石どおり。その際、都合のいい偶然が重なるのも自然の成り行きだが、巧妙なカット割りと、起伏に富んだストーリーのおかげでまったく気にならない。なお、作者によると本書は、ドイツ軍の中にユダヤ系兵士が存在したという意外な史実にもとづくものである。