ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Joyce Carol Oates の “Expensive People”(1)

 1969年の全米図書賞候補作、Joyce Carol Oates の "Expensive People"(1968)を読了。さっそくレビューを書いておこう。

Expensive People (The Wonderland Quartet)

Expensive People (The Wonderland Quartet)

[☆☆☆☆] 世間一般に信じられている〈真実〉が真実ではなく、じつは虚偽にほかならない。これは21世紀の現代でも、ひょっとしたらどの国にも当てはまる真実かもしれない。その意味で本書は、1960年代の作品ながら、すこぶる今日的なフィクション、正確にはメタフィクションである。18歳の少年が7年前に犯した殺人を回想。幼少期から事件にいたるまでの経緯を実録として記述する一方、その作品解説や分析、さらにはメディアに掲載された(むろんフィクションだが)本書の批評なども紹介。ほかにも少年の母親である作家の短編を挿入し、彼女をアメリカ文学史の中で位置づけるといった虚構の現実化は、文学における野心的かつ刺激的な試みとしての価値をいまなお失っていない。それどころか、その文学的実験が単なる技巧上の問題にとどまらず、現実と虚構の関係を深く掘り下げながら、俗悪な通念の浅薄さ、欺瞞を容赦なくあばき出しているところに普遍性がある。オーツ自身のあとがきによれば、本書は発表当時、アメリカが直面していた現実を象徴的にえがいた作品として認められたそうだが、もしそれだけなら一過性のものであり、「今日的なフィクション」とは言えない。上述したメタフィクションの技法を最大限に駆使しながら、いわば必然性のあるメタフィクションとして時代を超えた真理に到達している点こそ最も評価されるべきである。蛇足だが、少年や両親など登場人物の精密な造形、劇的展開といった伝統的な小説技術においても出色の出来であることは言を俟たない。