ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Lawrence Durrell の “Mountolive (Alexandria Quartet 3)”(1)

 Lawrence Durrell の "Mountolive"(1958)を読了。周知のとおり、"Justine"(1957)に始まる Alexandria Quartet の第三巻である。さっそくレビューを書いておこう。

Mountolive (Alexandria Quartet)

Mountolive (Alexandria Quartet)

[☆☆☆☆★★] 驚いた。じつに面白い。四部作の第三巻でありながら、これから読みはじめても十分に楽しめる大傑作である。成功の秘訣はまず、前巻まで端役にすぎなかった若き駐エジプト大使、マウントオリーヴを中心に据えたこと。これにより、おなじ時代、おなじ顔ぶれなのに人物関係が一新されたかのような印象を受ける。話法の変化がもたらした効果も大きい。前巻までは「私」の叙述に他人の手紙や日記などがまじる一人称多視点スタイル。それが本書では三人称で最初から複数の視点が導入された結果、より多くの場面で、より多くのエピソードが展開。それゆえ物語性という点では前二作をしのぐ抜群の仕上がりとなっている。そのぶん、「愛の探求」を通じて人間存在の本質に迫る試みは、形而上学的な抽象論としては影をひそめるが、一方、人は人を純粋に愛しうるか、愛とは何らかの打算をともなうものではないか、という古典的な問いが政治陰謀劇、あるいは上質のメロドラマの中で提示される。このため第一巻のジュスティーヌをめぐる四角関係、さらには第二巻の五角関係がまったく新しい意味をもち、恋愛とは別次元のものになる。つまり本書は、前二作のたんなる補完ないし異稿ではなく、一連の作品にコペルニクス的転回をもたらす役割を担っている。驚くべき神業である。第二巻で発せられた、恋愛および人間にかんして、「異なる真実は相補的なのか、互いに否定しあうものか」という問いが、ここでは本書をふくむ作品全体について投げかけられたことになる。当然、読者は前二作と本書の再読を余儀なくされ、いかなる結論が待っているのかを知るべく最終巻を読まねばならない。こんな四部作の第三巻は空前絶後ではなかろうか。舞台は民族、宗教、言語によって相貌を変化させる街アレクサンドリア。時代は風雲急を告げる第二次大戦前夜。感服した。