ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Margaret Drabble の "A Summer Bird-Cage"

 フォークナーの "The Mansion"(1959)をボチボチ読んでいる。おなじ作家の作品を三冊も立て続けに読むのは、おそらく初めてだろう。いつもなら、作風が新鮮に感じられるように間隔を置くところだ。
 あ、ちがってた。エクセルの読書記録をいま見ると、今年の三月、Patrick Modiano を三連チャンしてました。それなのにもう忘れるとは。
 さらに記録をさかのぼったところ、まだレビューらしきものを書いていなかった2003年の夏、やはりフォークナーを三冊連続して読んでいた。怪しい記憶を頼りに点数を付けてみると、"Sanctuary"(1931 ☆☆☆★★★)、"As I Lay Dying"(1930 ☆☆☆★★★)、"Absalom, Absalom!"(1936 ☆☆☆☆★★)。なんだか熱に浮かされたように読み耽った憶えがある。
 いまはそれほど夢中でもないけれど、"The Mansion" はご存じスノープス三部作の最終巻。行きがかり上ってやつですね。じつは何年か前、三部作のひとつとも知らずに取りかかり、途中で気がつき投げ出していた。
 そういえば、第二巻 "The Town" のレビューにスターを付けてくださった dokusho-suki さん、ありがとうございます。ほんとうに読書好きの方のようですね。
 さて、きょうの午後からまた愛媛の田舎に帰省することになった。所用があり、"The Mansion" はただのお荷物になりそうだ。そこでけさはとりあえず、本ブログでは未公開だった昔のレビューに加筆修正したものでお茶を濁しておこう。マーガレット・ドラブルの処女作(1963)です。 

 追記:その後、2008年7月に公開していたことを発見しました。


[☆☆☆★★] たわいもない小説だ。しかし面白い。才気煥発だが器量は十人並みの妹が主人公。この妹には目も覚めるような美人の姉がいる。幼いころから姉は妹に対して何かと傲岸不遜にふるまい、妹はまったく頭が上がらない。ところが、姉も人の子、じつはほほえましい欠点の持ち主だった。当初はそれだけの話だが、ドラブルの小説技法は巧妙を極めている。姉の結婚式前後のエピソードがいい例だ。いとこや介添え役の男、宴の席で再会した旧友など、脇役たちの性格や関係からじっくり固めていく。妹の目から見た人間観察と彼女のおしゃべりが中心で、劇的な意味での展開はほとんどない。そのあいまに姉の結婚の実態がかいま見えるという凝った仕掛けである。妹がロンドンで暮らしはじめた中盤もしかり。パーティーで知り合った男との会話やその性格描写などが続き、とくに事件らしい事件もないのに小説として成り立っている。これはやはり英文学の伝統の味と言うしかあるまい。やがて上述の介添え役がジョーカー的な存在であることが判明、結婚と恋愛のはざまで揺れ動く女性の生き方が示される。深みのある話ではないが、脇役を固めるうちに主役の人物像が浮かびあがり、最後は主役の独壇場。話術と構成の妙が光る佳篇である。