ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Paul Auster の “Report from the Interior” (1)

 きのう Paul Auster の新著 "Report from the Interior" を読了したが、レビューを書く時間は取れなかった。メモを読みかえしながらがんばってみよう。

Report from the Interior

Report from the Interior

[☆☆☆★★] 昨年の "Winter Journal" につづくポール・オースターの自伝第2弾。前著同様、自分を you と2人称で呼ぶことで客観視しながら、こんどは幼い少年時代から年代順に「内面の地理・心の風景を探索」しようというものだ。といっても、序盤はことさら特別な話題が出てくるわけではない。読んだ本や見たテレビ番組、熱中した野球のことなど、オースターならずとも、どこの国のどの少年でも大同小異のような体験談である。それと朝鮮戦争ユダヤ人の社会的地位など、1950年代当時の世相を重ねあわせている点がうまい。中盤、十代になって観た2つの映画の粗筋がえんえんと紹介される。やや引っぱりすぎの感もあるが、それだけ衝撃を受けたということだろう。オースター文学における人生の不条理というテーマは、このとき芽生えたのかもしれない。本書の白眉は第3部〈タイムカプセル〉である。前妻に宛てた大学時代の手紙がまとめて送り返され、回想をまじえた一種の書簡体小説となっている。映画『いちご白書』でも有名なコロンビア大学の学生ストライキに参加。ヴェトナム戦争を背景に、従軍か服役か逃亡か、という選択をしいられた当時の若者の苦悩も描かれるが、おなじみの貧乏生活のなか、詩の翻訳やアルバイトなどで糊口をしのぎながら、のちの作品へとつながる創作活動に従事している姿がなんといっても興味ぶかい。彼にとって最大の問題は「自己の問題」であり、その解決は「内部から始まる」という宣言は、オースターの本質を要約したものといえる。アパート探しに奔走する最後のエピソードが秀逸。巻末の〈アルバム〉に本書の話題にまつわる写真を収録し、全編を駆け足でふりかえるという工夫も洒落ている。英語は総じて標準的だが、第3部は内容をよく反映して熱気がこもり、迫力のある文体である。