ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Cesare Pavese の “The Political Prisoner” と “The Beautiful Summer” (1)

 杞憂だと思いたいが、9月13日の日記に「〈ブログ炎上もの〉」と書いた心配が現実のものになりつつあるようだ。同日もふくめ、何日か連続して論じた作家についてネットで検索したところ、なんと一連の記事にたどり着けなくなっているのだ。不思議に思い、作家名にこのブログ名を追加して検索してみると、驚いたことに該当項目なし! わずかに1つ、べつの本の雑感がヒットするだけだ。正確にいつかは憶えていないが、つい先日までそんなことはなかった。明らかに誰かの意思が働いているとしか思えない。
 今のところ、さすがに作品名経由だと問題の記事を発見できるのだが、これもそのうち削除されるかもしれない。ぼくは何年か前も、このブログに関連して情報操作の被害に遭ったことがあり、そのときは操作をした相手が誰かわかったが(某社)、今回は不明。イヤな予感がする。しばらく様子を見守ってみよう。
 閑話休題。Cesare Pavese の "The Political Prisoner" と "The Beautiful Summer" を読了。テキストは2つの中編が収録された Peter Owen 社版のハードカバーで、最初の作品が表題作である。ペイパーバック版も、ページ数から判断してハードカバーと同じ構成と思われる。さっそくレビューを書いておこう。

The Political Prisoner (Peter Owen Modern Classics)

The Political Prisoner (Peter Owen Modern Classics)

[☆☆☆☆★] 高い評価は表題作に与えたものだ。イタリアの青年が約1年間、海辺の村で流刑生活を送る話で、まさに絶品。流刑ということで青年はひとり目に見えない壁にかこまれ、その壁の中で自由に動きまわるが本質的には不自由をしいられている。この孤独で不安、不自由な閉塞状況は、まさしく現代人の精神生活を端的に象徴するものである。みずみずしく鋭い感覚でとらえられた海や村、田園の風景はかぎりなく美しい。が、美しい自然を目にした青年は、自分の心のみにくさを意識する。孤独な毎日を過ごすうち、欲情をおぼえて女と関係し、相手を傷つけることで自分もまた傷つく。そういう内面の深さ、人間であることの悲しさが孤独や不安と同時に、極力感傷を抑え、美しい心象風景の中にえがきこまれている。一方、"The Beautiful Summer" のほうは☆☆☆★★。有名な冒頭の一節はあまりにも美しく、そのあとの内容が位負けしているほどだ。表題作と同様、緊密な文体で繊細な心の揺れ動きを鮮やかにとらえたものだが、少女の初恋と初体験、そして失恋は、たかが青春、されど青春というしかない。英語はやや古風な表現が目だつが、原書が1949年刊、英訳の初版が同55年刊であることを考えると当然だろう。