ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Lauren Groff の “Fates and Furies” (1)

 本書は周知のとおり、昨年の全米図書賞と今年の全米批評家協会賞(対象はともに2015年の作品)の最終候補作である。さて、ひと晩寝かせたところでレビューを書けるかどうか。

Fates and Furies

Fates and Furies

[☆☆☆★★★] 泣ける小説だ。後半、それも終盤、読めば読むほど胸を締めつけられる。第1部 "Fates" のテーマは文字どおり運命。それが読んでいる最中はピンと来ない。甘いラヴ・ロマンスで始まり、やがて青春小説、次いで四半世紀近い家庭小説となる。大富豪の息子でプレイボーイだが、そのわりに純情な青年が電撃結婚。おかげで勘当され苦難の道を歩む。それなりにおもしろく読める程度と高をくくっていたら最後、意外な展開が待っていた。第2部 "Furies" の主人公は青年の結婚相手だ。彼女の視点から前半と同じ出来ごとが新エピソードをまじえながら再現され、男の知らなかった真実も露呈。あわせて少女時代から年老いて死ぬまでの女の一生も綴られる。恐ろしい怒りが噴き出す。そこではじめて前半のテーマが身にしみてわかる。男と女の出会いと別れという運命だが、そんな決まり文句では片づけられない痛切な思いが秘められている。純情な男を心から愛した女の悲しい運命。過激な性描写もあるものの、それが扇情的な添えものではなく逆にコントラストを生み、女の切ない真心をぐっと引き立てている点も見逃せない。とにかく、つらい小説である。
(写真は宇和島市、滑床登山口にほど近い宇和津彦神社。昨年、秋としては約40年ぶりに帰省した際に撮影)