ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Juan Gabriel Vásquez の “The Sound of Things Falling”(1)

 もう一回だけ Seabastian Barry の "Days without End" を取り上げようと思っていたが延期。意外に早く、Juan Gabriel Vásquez の "The Sound of Things Falling"(2011) を読みおえてしまった。そのレビューから先に書いておこう。2013年の国際IMPACダブリン文学賞受賞作で、スペイン語からの英訳版である。

The Sound of Things Falling

The Sound of Things Falling

[☆☆☆★★★] 人との出会いは幸せな出来事であり、また不幸な事件でもある。本書の舞台は、いまなお治安が悪いという南米コロンビア。首都ボゴタで青年大学教授が知り合った男には秘密があった。教授は興味を覚えるが、男は突然射殺され、教授自身も重傷を負う。事件の真相を解明しようとするうちに教授の人生は激変。恐ろしい運命に引きずられ、と同時に、麻薬の密輸と暴力に彩られたコロンビアの暗黒の歴史が次第に浮かび上がる。調査の過程で深まる謎。殺された男とその家族の過去をさかのぼり、そこからまた時代を下るなかで起きた事件にまつわる不安と緊張。じつに巧みな構成と展開である。そして1996年、コロンビアで実際に起きた航空機墜落事故。その前後の迫力は凄絶の極みとしか言いようがない。そこへ流れてくる、愛する家族と別れざるをえなかった者の悲痛な叫び。本書には、幸福な人間はひとりも登場しない。これはまったく救いのない世界である。彼の国の闇は、さほどに深いものなのか。それとも人はみな、出会いという恐るべき運命に翻弄される不幸な存在でしかないのだろうか。