ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Joan Silber の “Improvement”(1)

 今年の全米批評家協会賞受賞作、Joan Silber の "Improvement"(2017)を読了。さっそくレビューを書いておこう。

Improvement

Improvement

[☆☆☆★] 人生に迷っている人が読めば心が晴れるかもしれない自己啓発小説。ただし、目からウロコの生きるヒントや、深いメッセージがこめられているわけではない。待てば海路の日和あり、そして人生腹八分。困ったときでもいつかは道がひらけ、その道を進めば当初の望みどおりでなくても、それなりに満足できるものだ。そんな事態の好転・改善が数話、現代のニューヨークに始まり、リッチモンド、1970年代のトルコ、ドイツをめぐってふたたび現代という輪舞形式で紹介される。シングルマザーのレイナのもとに出所した恋人ボイドが戻ったものの、ボイドはまたもや危ない橋を渡ることに。はたまた、レイナの伯母は若い娘時代に冒険を求めてイスタンブールへ。何らかのかたちでつながる人物が入れ替わり立ち替わり登場、交通事故が起きたり恋が破局したりするなか、上のように軽いテーマがユーモアをまじえた軽いノリで示される。キャラクターの造形も心理描写もあっさり。悩みはあっても些事にこだわらない人物ばかり、といろいろな欠点が目につく作品だが、これすべて、裏を返せばテーマにふさわしい長所とも言える。深く考えず、スピーディーで手際のいい筆運びを楽しむべき水準作。