ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Günter Grass の “Cat and Mouse”(1)

 Günter Grass の "Cat and Mouse"(原作1961、英訳1997)を読了。周知のとおり、これは "The Tin Drum"(1959 ☆☆☆☆★★)に始まるダンツィヒ三部作の第二作である。さっそくレビューを書いておこう。 

CAT AND MOUSE

CAT AND MOUSE

 

 [☆☆☆★★] 第二次大戦中、ナチス・ドイツ占領下のポーランドで青春時代を過ごした人々にとって、反戦でも好戦でもない自由な立場はあったのか。むろん、あるはずもないが、本書の主人公マールケの天衣無縫な生き方は、可能と不可能の境界線を行き来するものだ。マールケの喉仏はネズミほどの大きさで、下の持ち物は馬並み。そんな異形の姿にふさわしく、その行動も少年時代から終始一貫、信じられないほど型破りで度肝を抜き、周囲を圧倒している。聖母マリアへの崇拝と、神業のような悪戯、華々しい軍功、はたまた、コミカルでエロティックなエピソードが同居しているのも常識外。全体主義体制のもと、かりそめにも人が自由に生きるためには、かくも異彩を放つ存在であらねばならぬのか。それならおよそ一般市民には自由なんぞ手に入るべくもない、という寓話小説とも読める本書だが、当初こそ突然の場面転換、話法の揺らぎ、そして上記のようなキャラクターの設定に幻惑されるものの、ひと皮むけば、じつはすこぶる正統的な青春小説でもあることが次第に見えてくる。戦時下でありながら悪友と遊びまわったあの頃。それは不自由という名の自由な時代だったのかもしれない。悪友への思いを綴った最後の一行が、たまらなく切ない。