ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Akwaeke Emezi の “Freshwater”(1)

 このところ、テンプながら復職した勤務先が超繁忙期。おかげで、ただでさえ遅読症なのに文字どおりカタツムリくんのペースだったが、それでもゆうべ、やっとのことで Akwaeke Emezi の "Freshwater"(2018)を読みおえた。今年の Women's Prize for Fiction の一次候補作である。
 Emezi はナイジェリア出身の若手女流作家で、本書は彼女のデビュー作とのこと。気の早い現地ファンのあいだでは、今年のブッカー賞ロングリストに入選するのでは、ともっぱらの評判なのだが、さてどうでしょうか。 

Freshwater (English Edition)

Freshwater (English Edition)

 

 [☆☆☆★] ナイジェリア生まれでアメリカに渡った少女アーダの心に、次から次へとべつの人格(とおぼしき存在)が憑依する。やがておなじボーイフレンドを(本来はひとりであるはずの)ふたりの娘が奪い合うなど、尋常ならざるエピソードが続出。そんな鬼面人を驚かすような設定が当初は面白い。が、異常がつづくとそれが当たり前になり、やがてどんなに珍奇な事件が起きてもいっこうに驚かなくなる。それどころか、上のように複数の人格の対立は、もっぱら恋愛とセックスをめぐる痴話げんか。せいぜい純情と欲望のせめぎ合いにすぎない。その延長でときどき孤独や実存の問題に発展することはあっても、それぞれ異なる価値観や理想、信念などにもとづく激突はついに起こらない。ならば多重人格をテーマとすることに、いかほどの意味があろう。趣向を凝らしたあげく、「私たちはひとり。そして私たちは多くの人」が結論とは、大山鳴動して鼠一匹。別人同士の争いを通じて作家自身の内的矛盾を吐露した普通スタイルの小説のほうが、よほど劇的である。そんな葛藤を赤裸々に綴った伝統的な小説のほうが、よほど面白い。とはいえ、痴情のもつれを十年一日のごとく読まされるよりはいい。揺れ動く娘心を多重人格に仮託して描くという、それほど独創的でもないアイデアで保っている水準作である。