ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

ぼくのゴールデン・ブッカー賞

 ゴールデン・ブッカー賞(the Golden Man Booker Prize)の発表(ロンドン時間で今月8日)が近づいてきた。ご存じの方も多いと思うが、ブッカー賞財団では、同賞が設立されて今年で50年になるのを記念して、50年間の受賞作の中から最優秀作品を選ぶイベントを企画。まことに商魂たくましいですな、と茶化したいところだが、お祭りは盛大なほど面白い。ぼくもちょっぴり受賞結果に興味がある。(7月9日追記:ぼくの予想に反して栄冠に輝いたのは "The English Patient" でした)。
 選出方法としては、まず1970年代(60年代もふくむ)から2010年代まで、5人の選考委員が分担して各年代ごとに5冊の最終候補作を選定。その中からファン投票でベストワンを選ぶというもので、すでに候補作は出そろっている。(点数はすべてぼくの採点)
 1970年代 "In a Free State"(V. S. Naipaul ☆☆☆☆)
 1980年代 "Moon Tiger"(Penelope Lively ☆☆☆☆)
 1990年代 "The English Patient(Michael Ondaatje ☆☆☆☆)
 2000年代 "Wolf Hall"(Hilary Mantel ☆☆☆☆★)
 2010年代 "Lincoln in the Bardo"(George Saunders ☆☆☆★★★)
 この企画と選考過程については現地ファンのあいだでも不満の声があり、たとえば有名なレビュアー Hobgoblin 氏いわく、「過去に "Midnight's Children"(☆☆☆☆★)が the Booker of all Bookers として選ばれているのに、今回は候補作にもノミネートされていない。これは選考の判断が主観的であることを示している」。
 もっともな指摘であり、また、候補作のリストを見て、自分は投票に参加しないというファンもいるようだ。どうせなら最初からファン投票にすればよかったのに、とぼくも思う。そこでぼく自身の候補作を挙げておこう。
 6,70年代は6冊も未読だが、いちおう Iris Murdoch の "The Sea, the Sea"(☆☆☆☆)。ただし、これは Murdoch のベスト作品とは言いがたい。(レビューはありません)

The Sea, The Sea

The Sea, The Sea

 80年代は4冊未読。"Moon Tiger" は大好きな作品で、個人的に一部試訳したほどだが、やはり "Midnight's Children"。しかし、あまり好きな作品ではない。
bingokid.hatenablog.com
 90年代は3冊未読。激戦区だと思う。"The English Patient" も大好きな作品だが、Barry Unswerth の "Sacred Hunger"(☆☆☆☆★)。
 00年代は1冊未読。90年代にくらべ受賞作の質が劣化しているのでは。各年代1冊ずつという候補作の選考基準に疑問が生じるゆえんだ。"Wolf Hall" か、Kiran Desai の "The Inheritance of Loss"(☆☆☆☆★)か悩むところだが、"Wolf Hall" でいいと思う。
bingokid.hatenablog.com
 10年代は3冊未読。仕事に忙殺された8年だ。アメリカ馬の出走で賞レースが混乱。旧大英帝国産の劣化が続いている証拠だろう。"Lincoln in the Bardo" でいいが、これを選ぶくらいなら、90年代の枠を増やしてほしかった。
bingokid.hatenablog.com
 上記の Hobgoblin 氏はぼく以上にへそ曲がりで、"Cloud Atlas"(☆☆☆☆★)に投票できないのか、という疑問を呈している。たしかに同書をはじめ、00年代の最終候補作には、10年代の受賞作よりすぐれたものが多いような気がする。ほかの年代についても同様の疑問があるはずだが、最終候補作まで枠を広げると収拾がつかなくなる。
bingokid.hatenablog.com
 というわけで、ぼくのゴールデン・ブッカー賞は "Sacred Hunger" に決定。次点は、先週読みおえたばかりの "Cloud Atlas"。ただ、いまだ覚めやらぬ興奮がいずれ落ち着けば、いろいろ迷ってしまいそう。あ、実際に選ばれるのはたぶん "Wolf Hall" でしょう。
Sacred Hunger

Sacred Hunger

[☆☆☆☆★] 現代文学ではめずらしく、道徳の問題をみごとにドラマ化した大力作である。18世紀のイギリスによる三角貿易を背景に、利潤の追求を「聖なる欲」、つまり、あらゆる手段を正当化するものと見なすリヴァプールの実業家、エラスムス。彼はこの正義感に駆られ、一家に大損失をもたらした自分のいとこ、パリスを断罪しようとする。しかし一方、正義感の裏に私怨がひそんでいることを気に病み、また正義の虚妄も知っている。こうした道徳的煩悶は、小説を深化させるものとして大いに称揚したい。そのエラスムス以上にもだえ苦しむのがパリスである。彼は船医として奴隷船に乗りこみ、黒人奴隷への非情な仕打ちに義憤を覚え、船長と対決。奴隷を解放し、やがてフロリダの地で、白人と黒人が平等かつ自由に暮らす地上の楽園を建設する。人間は自然状態では善であり、自由で平等に生きる権利があると主張する乗客も登場するが、パリス自身は、奴隷の解放が流血の惨を招いたことを思い悩み、そもそも自分には正義を訴える資格がないと絶望している。にもかかわらず悪を座視できずに立ち上がり、それゆえ道徳的ジレンマにおちいったところに彼の偉大さがある。そういう人物が主人公であればこそ、本書はすぐれた文学作品となっているのだ。「地上の楽園」の住人にも価値観の相違があり、権力を志向し権力に追従する動きがあるというエピソードも、人間性にかんする作者の深い洞察を物語っている。以上が本書の最大の眼目だが、そこにいたるまで長大なイントロがつづく。エラスムスが恋に落ちる一方、パリスのほうは嵐に遭遇、奴隷売買の実態や、奴隷船の劣悪な環境、船員同士の争いなどを目撃。主題にふさわしい物語性豊かな展開で、その流れに身をひたすように読んでいると、やがて凄まじい迫力で山場がいくつも連続。月並みな評言だが、波瀾万丈としか言いようのない、まさに骨太の歴史小説である。